早く修理しなければいけない

>

小さな傷の場合は安い

例えドアに傷がついていても、小さな傷だったら1000円ほどで済みます。
またそのぐらいだったら、自分でも修理できます。
カー用品店に行くと、修傷を消せるペンが販売されています。
傷をペンで塗りつぶすと、目立たなくなるので実践しましょう。
ペンを購入する際は、車のボディーカラーに合うものを選択してください。
赤でも、微妙に色が異なるケースがあるので、よく確認しましょう。

うまく塗るには、コツがあります。
まずは大雑把に、傷の上からペンで塗りつぶしてください。
その後で、はみ出た部分を除光液で拭き取りましょう。
すると傷が綺麗に消えます。
大きな傷になると、自分で消すのは難しいです。
自分の手に負えないと思ったら、工場に任せてください。

大きな傷がついた際

壁に強くぶつけてしまった場合は、ドアがへこみます。
その状態を放置すると、錆びつく原因になるので早く直してください。
ドアをぶつけた場合は、異変が起こっていないか詳しくその場で調べましょう。
修理する際は、2万円ほどの費用が必要になります。
しかしぶつけた衝撃でドアが歪んだり、ガラスにまでヒビが入っている状態だったら修理は難しいと言われます。

ドアを交換した方が良いでしょう。
1枚、10万円ほどで交換できます。
エンジンと同じで、海外製の車の場合は取り寄せなければいけないので、日本製の車より高くなります。
ドアの傷は、自分が注意して開けることで回避できます。
車に余計な傷がつかないよう、いつも大事に扱ってください。


ドアの傷を修理したい

この記事をシェアする